お支払について

クレジットカードのご利用について

診療費の支払いにクレジットカードをご利用いただけます。
お取り扱い可能なカードの種類は以下のカードとなります。

  • VISA
  • JCB
  • Master
  • Amex
  • Diners Club

お支払い可能な診療は自由治療の支払いおよび歯ブラシやフロス等の物品購入分に限ります。
保険診療における一部負担金の支払いにはクレジットカード決済はご利用いただけませんのでご了承ください。

保険診療と自由診療の違いについて

病院を受診する際にご提示いただく「健康保険証」を利用した診療を一般的に「保険診療」と言い、公的医療保険制度の枠を超えた診療を受けることを「自由診療(自費治療)」と言います。

保険診療では、必要最低限の診療を国民の誰もが受けられるという考え方に基づいたもので、より質の高い治療や材料を用いた一部の診療では健康保険制度の対象外となります。

治療方法や材料だけでなく、診療の回数なども保険制度で厳しく制限されています。従って人より良い医療を受けたい、より高い審美性や機能性を求めたい場合には「自由診療(自費治療)」において受けることができます。

料金表

当院の定める自由診療の費用の一部です。一人ひとりのニーズに合わせた治療計画を立てますので、価格は診療状況や度合いにより変動致します。詳細は当院までお問い合わせください。

メンテナンス

フッ素塗布 ¥500~¥1,000(税別)

補綴物

オールセラミック(ジルコニアフレーム) ¥100,000/歯(税別)
メタルボンド(セミプレシャスフレーム) ¥100,000/歯(税別)
18K フルメタルクラウン ¥100,000/歯(税別)

修復物

ジルコニア、18K、ハイブリッド ¥50,000/歯(税別)

ホームブリーチ

スターターキット ¥24,000/片顎(税別)
追加漂白剤 ¥5,000/本(税別)

インプラント治療

インプラント体1本+上部構造体1歯(チタンボンド)の場合、約350,000(税別)

充分な骨量が不足している、抜歯して即座にインプラント体を埋入する(抜歯即時手術)などの場合は若干変動します。インプラント埋入部位や本数、骨の状態を精査したうえで治療方針が決定されます。詳細は受診されてからの治療計画書および診療契約書上でのご回答となります。

他にも矯正治療をはじめ、様々な自由診療が受けられます。詳細は当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

高額療養費制度と医療費控除について

年度末の確定申告において必要となる情報です。
「高額療養費(高額医療費)制度」と「医療費控除」の違いが判らない、とのお声をいただきます。

二つの大きな違いは、「高額療養費(高額医療費)制度」は「保険」が還付されるもので、ご自身が加入されている健康保険組合に申請します。保険証に記載されている保険者が管轄となります。「医療費控除」は「税金」が還付されるもので、確定申告で税務署に申請します。

「医療費控除」について

「医療費控除」とは、1年間でのその1世帯での医療費の支払いが10万円を越えた場合に、税務署に申告することで所得税が還付される制度です。

1世帯200万円を限度として、実際に支払った医療費から10万円を差し引いて、その額に応じた税金が還付されます。保険適用内、保険適応外(自費治療:インプラント治療含)に関わらず還付されますが、保険金(給付金)で補填された金額や高額療養費制度で還付された金額は除きます。デンタルローンやクレジットで支払った場合も対象となります。

特に歯科においては、当院を受診される方のほぼ全員が、後者である「医療費控除」の対象となり、矯正治療や高額なインプラント治療においても「医療費控除」の対象となります。

当院から発行される領収書は、確定申告時の医療費控除申請において必ず必要となってくるものです。一度発行させていただいた領収書の再発行は致しかねますので、申告まで大切に保管してください。

お問い合わせについて
休診日カレンダー
メディア掲載情報
ドクターズファイル
無料歯科健診
日本の歯科100選

PAGE TOP