オールセラミックス

オールセラミックは、クラウン(かぶせもの、差し歯)やブリッジの一種で、
金属を用いない方法です。
虫歯はもちろん、歯並びも同時に直せます。

最適な治療をご提案します

以上のようなお悩みがありましたら、最適な治療をご提案します。

オールセラミックの特徴

特徴1

美しさ -beauty-

従来の「かぶせもの」は、表面は質感のある陶器質材料であるものの、中のフレームはほとんどが金属製でした。 中に金属を使用することで、どうしても光が遮断され、光学的に天然歯に近づけることに限界がありました。

当院ではフレームに金属を使用せず、かわりに酸化ジルコニア(ZrO2)を用いたかぶせものをご用意しております。 酸化ジルコニアとは人工ダイヤモンドの材料であり、非常に強い硬さを有するばかりでなく、光の透過性にも優れており、近年品質が飛躍的に進歩した革命的な材料です。

オールセラミック技術

上の画像は、1本だけオールセラミック技術による歯です。見分けがつきますか。

特徴2

持続性 -durability-

口腔内は温度や酸、細菌など環境的に非常にシビアですが、長時間その悪条件にさらされても物性が変化することがなく、その輝きと形を維持し続けます。この性質は、特に【上の前歯】など見た目からの要求が高い箇所において、威力を存分に発揮します。

さらに、フレームが非常に強いことから、奥歯でも安心して使用することができる、高性能な材料です。

特徴3

安全性 -safety-

オールセラミッククラウンの内側に使われる、ジルコニアは非常に生体親和性が高くヨーロッパでは今、ジルコニアのインプラントも使われるようになってきております。 骨の中に入れても異物とされない位の安全性があります。金属アレルギーの不安がありません。

ホワイトニングでも歯は白くなりますが、『透明感のある白さ』はオールセラミックならではです。

従来の「かぶせもの」は、表面は質感のある陶器質材料であるものの、中のフレームはほとんどが金属製でした。中に金属を使用することで、どうしても光が遮断され、光学的に天然歯に近づけることに限界がありました。

当院ではフレームに金属を使用せず、かわりに酸化ジルコニア(ZrO2)を用いたかぶせものをご用意しております。 酸化ジルコニアとは人工ダイヤモンドの材料であり、非常に強い硬さを有するばかりでなく、光の透過性にも優れており、近年品質が飛躍的に進歩した革命的な材料です。

また、口腔内は温度や酸、細菌など環境的に非常にシビアですが、長時間その悪条件にさらされても物性が変化することがなく、その輝きと形を維持し続けます。 この性質は、特に【上の前歯】など見た目からの要求が高い箇所において、威力を存分に発揮します。 さらに、フレームが非常に強いことから、奥歯でも安心して使用することができる、高性能な材料です。

受診のご案内

治療後5年間保証

当院のオールセラミックは、治療後5年間保証をいたします。(ただし定められたメインテナンスを行うなど、一定の条件を満たす場合に限ります)

ご予約は随時承ります

ご相談・ご予約は随時承ります。→ご予約:TEL 0422-26-8241 ご要望の歯だけの治療で解決できないと判断した場合、まわりの歯もあわせて治療させていただく場合がございます。

保険適用外治療

オールセラミックによる審美修復治療は、現在保険適用外治療となります。詳しくはお問合せください。

当院のオールセラミック治療は丁寧に3回もの形成を重ね、
決して妥協せず、あなたのお口に合う美しい歯を作ります。

美しい歯を作ります

  • 仕上りの美しさと透明感が優れています。
  • 金属アレルギーの不安がありません。
  • 虫歯はもちろん、歯並びも同時に直せます。

ホワイトニングでも歯は白くなりますが、『透明感のある白さ』はオールセラミックならではです。

1、概形成(グロスプレパレーション)

虫歯で穴が開いた、黒ずんだ歯を治したい、以前やった被せものが古くなって見栄えが…。 オールセラミック治療の理由はさまざまですが、どの場合でもまず大まかに削ります。その時点で、虫歯の治療、根の治療、歯周病の回復…など治療を進めるうえで必要なことを判断します。 この段階では、削ったところには一端仮歯をセットします。

2、2回目の形成(セカンダリープレパレーション)

歯茎の状態が安定すると、1回目の形成のときに歯茎の下に隠したつもりの歯と被せものの境目が、お口の中に見えてきてしまっていることがよくあります。

整った歯茎に合わせて2回目の形成を行います。このときは、最終的にセラミックが入ることを想定して削ります。 仮歯は新しくするか、保険のセット物を仮歯として使用します。

3、3回目の形成(ファイナルプレパレーション)

ファイナルプレパレーション

最終的に型をとる前に、もう一度歯肉の状態や歯そのものの状態を最終確認します。 噛むと痛い・揺れる・歯茎から血が出る等の状態では、土台にかなりの不安があり、とてもセラミックはかぶせられません。

4、フレーム試適

オールセラミックのフレームはコンピュータによって読み込まれ、削りだされます。 長いスパンのかぶせものになると、精度が狂いやすくなるため、ジルコニアフレームが口腔内に寸分の狂いなく入るかどうか、フレームの段階で確認します。 1本の場合はこの作業は省略されることがあります。

5、素焼き試適

ジルコニアフレームの上に技工士さんが陶材を築盛します。低温で焼き付けたいわゆる『素焼き』の状態で一度口腔内にセットしてみます。この段階で、陶材の盛り・削りにより、歯の形や隣の歯との圧迫感など調整します。 基本的には過去3回の形成でセットされた仮歯の形を参考にしながら、最終的に確認します。この段階ではあくまで素焼きの状態なので、全体的に白っぽくなっており、残念ながら色についてはまだ参考になりません。

6、完成品セット

完成品セット

素焼きの状態からさらに高温で焼き上げます。これにより表面に光沢が出て,最終的な色が表現されます。 口腔内にはセメントを使って外れないように接着する方法と、メインテナンス時に毎回外せるよう仮止めのセメントで接着する方法とがあり、必要に応じて適宜選択します。

7、メインテナンス

メインテナンス

きれいにセットされたオールセラミックを末永くご使用いただく為に,メインテナンスは欠かせません。 使用する陶材は天然歯よりも硬い材料です。 したがって、定期的に噛み合わせを調整しないと、セラミックだけすり減らないため、強く当たってしまうことがあります。そのため、当院の定めるメインテナンスプログラムを必ず励行していただきます。 継続的なメインテナンスを怠った場合のトラブルに関しては保証致しかねますので、治療を開始する前に充分担当医とご確認ください。 → 予防歯科・定期健診の説明へ

当院で使用するセラミック材料について

主なメーカーは、GC(Aadva)、ノリタケ(刀)、3M (LAVA)、Panasonic(ナノジルコニア)、などです。

GC(Aadva) ノリタケ(刀) 3M (LAVA) Panasonic(ナノジルコニア)

Copyright © 2014-2017 岡崎歯科. All Rights Reserved.

PAGE TOP