ホーム >blog > インプラントのQ&A

インプラントのQ&A

そもそもインプラントとはどのような治療法ですか

歯がなくなったところには何等かの方法で歯を入れなければなりませんが、いろいろな方法があるうちの一つの方法です。歯がなくなってしまったところの顎の骨に人工の根っこ(人工歯根)を立てて、その人工歯根に歯を装着することで、咬合機能回復を図る治療法です。

インプラント治療の代表的な流れを教えて下さい

虫歯や歯周病が原因で、保存が不可能と判断された歯の抜歯を行います。ある程度の期間(2~3か月)経つと、もともと歯の根っこが植わっていた箇所は新たな骨で満たされます。その部分に人工歯根(インプラント)を植立します。
インプラント体と顎の骨がしっかりとくっ付くまで待ちます。(おおよそ2か月程度)
しっかりとインプラントと顎の骨がくっついたのを確認し、インプラント体の上に人工の歯を装着し、治療は完了です。その後はお口の中で末永くインプラント体を維持・機能させるためにも定期的なメインテナンスは必要不可欠です。

インプラントは保険適応しますか?

大学病院における一部の症例の限られた診療では健康保険の適用となりますが、多くの場合は保険適用外治療です。

インプラントは痛いのでしょうか

歯を抜いて長いこと放置したのでなければ、インプラントを予定しているあごの骨にはまだ量が確保されているため、インプラントを埋めるための骨を削るだけで済むため、ほとんど痛みは出ません。
しかし歯が欠損してから長いこと放置してしまった場合や、もともと骨の量の少ない箇所などにインプラントの植立を予定した場合、骨の足りないところには骨を何とかして足さなければならず、そのためにインプラントを植立する予定の範囲以外の箇所にも麻酔をして切開を行い、骨を採取してこなければならないなど、処置する範囲が拡大されたり、無理な治療を行うことで腫れや痛みが出やすくなります。

インプラントも歯周病になると聞いたのですが、どういうことですか?

インプラント周囲粘膜炎といいます。
歯周病と同じで、汚れが長い間歯茎に触れていれば炎症を起こしますが、その汚れが自分の根っこに付いているかインプラント体に付いているかだけの違いです。
原理は歯周病と同じですが、抜歯になってしまうような歯であったとしてもやはり、最後の最後まで自分の身体なのです。一方インプラント体はどんなに高価モノをどんなに高名な先生が処置をしたとしても所詮はやはり人工物なのです。この違いは大きく、歯周病菌と戦うための「免疫力」がインプラントの場合はインプラント体と接触している歯茎に全て委ねられるのです。そのバリアを細菌が突破したら即、顎の骨なのです。
従って、インプラント体周辺の歯茎は常に健康な状態を保つ必要があり、これにはブラッシングしかありません。そのような意味でも管理方法も自分の歯と何ら変わりはないわけです。

お問い合わせについて
休診日カレンダー
メディア掲載情報
ドクターズファイル
無料歯科健診
日本の歯科100選

PAGE TOP