ホーム >blog > セラミックのQ&A

セラミックのQ&A

セラミックとはどんな治療法で、銀歯とは何が違うのですか?

セラミックとは、陶器のことであり、お茶碗などと同じような素材でできた歯のことです。見た目が自然であたかも自分の歯であるかのような自然な見た目を提供できるだけでなく、銀やプラスチックに比べ汚れが付きにくいため、治した後の歯が虫歯やその周囲の歯周病になりにくいという性質を持っています。

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

(同上)

セラミックは保険でできるのでしょうか

残念ですが、セラミック治療は保険適用外です。

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

細かく分類すると非常に多くのメーカーから色々な特徴を有するセラミックが販売されています。
それら全てを理解する必要がなく、その歯医者さんで推奨しているセラミックの選択にお任せすればよろしいかと思います。
ほとんどの場合、その「硬さ」によって使い分けることが多いですが、患者さんが選択することはほぼ皆無であるかと思います。

ハイブリッドセラミックとはなんですか?

混ぜ物をしたセラミックのことで、多くの場合プラスチック成分(レジンといいます)との混合物を指します。
ハイブリッドセラミック、と命名されていますが、この材料の主体はあくまでレジンの方であり、レジンだと色味に透明感がない、硬さが不十分といった欠点を補うためにセラミックを混ぜたものです。
セラミックのみに比べて安価なのが特徴であり、白いのがいい、でもお金がない、などの要望に対応するために今でも利用されることがあります。

お問い合わせについて
休診日カレンダー
メディア掲載情報
ドクターズファイル
無料歯科健診
日本の歯科100選

PAGE TOP